男塾 月二回 開校中

彩匠では、この春から新しい試みに挑戦です。 と、言うか 何で今まで気がつかなかったのでしょうか・・・ 着物って別に女性だけのものではないのに、おかしな話です。 

最近は特に歌舞伎役者さんの若手が頑張っているのを、目にする機会が増えてきた影響でしょうか? そう、密かに着物姿にあこがれる男性が増えてきたようです。 ただ、女性のようにお稽古する場所はなかなか無いようで、自己流?少し不安を抱えつつ着物を着ておられるようです。若しくは考えてはいるけど実行できずにいるのかな? 

確かに男性のほうがシャイなので、なかなか「誰がいても、やりたいことはやります!」とはならいようですね。 

なので、考えました。 「男性だけのお稽古時間の確保!!」 です。 

    男塾 開催日時   毎月2回   第2・第4 木曜日

         開催時間   19:00~21:30  (時間内であればご自由に!)

        開催場所   彩匠教室(倉敷市徳芳イトーピア984-37)山の上です。

        参加費     参加時 一回 ¥2,000 のみ

       お稽古内容   ご自分のやってみたいことを自由に!

   参加申し込み方法  氏名・年齢・住所・電話番号・希望するお稽古内容を記入し

                086-463-7316までFAXでお申し込み下さい

*持ち物に不安のある方は、電話でご確認ください。(086-463-7315 又は 090-2865-4143まで) 

*上記開校時間内であれば、ご自分の可能なお時間に来ていただき、ご自分の希望する内容のお稽古をして下さい。(内容の例: 基礎から 帯結びのみ 着崩れない方法等)

*毎回様々な視点から、着物ライフにプラスアルファになる楽しみ方や、着物に関しての知識を知ることの出来る、ミニ講座を開催予定。21:00過ぎより20分程度 (内容の例: 下着について 羽織(羽裏・羽織紐)について 小物(バッグ・履物等)について TPOにあった装いについて  コーディネートについて等)

*不定期にはなりますが、それぞれの分野の専門家の講義も予定 

出来るなら、教えるほうも男で、文字どうり男だけで・・・と言うほうが、参加しやすいかも知れませんが、講師だけは女性でお願いします。 教室の若い子達が、着物を着る人を増やしたい!と考えて、職場で、「着物を着ての飲み会」を企画したそうです。ふたを開けてみると参加希望者は、7,8割が男性だったそうです。 そうか、沢山の男性が着物を実は着たいんだ!と気付くのと同時に、「そうか、着物を着て飲み会って、本当に普段から着物を着ている。改まらずに着物を着る機会って、こういうところかも!」と違う発見もありました。 (みんなの視点は逆?着物を着ていると、ちょっと違う感覚で、飲み会を楽しめるのかな?)いずれにせよ、目からウロコ! 着物ライフの幅が広がりそうです。 

写真のように、ゆかただって大歓迎です。 着物とりあえず着てみたい! 関心はあるけどどんなもん? 様子見大歓迎です。 彩匠の願いはただ一つ、「より沢山の方に着物を着て欲しい!」そのお手伝いが出来たら嬉しい限りです。 どうぞ遠慮なく申し込んでください。 先生と二人首を長くして待っています。 

私  「先生、誰も来なかったらどうします?」 

先生 「誰も来なかったねえ~と言いながら帰ればいいんじゃない。」

私  「すごい沢山来られたら?」

先生 「その為に事前申し込みをお願いするんだから・・・ そうなってから考えよう」

こんな二人がお待ちしております!!

       

     

  

彩匠カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

絵日記蔵書